Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

河辺の小さな漁村「Vergayun」

今回はThe Upper Niben西岸、Fort Variela近くに小さな漁村を追加する
「Vergayun」を紹介します。
普段あまり足を運ばない位置なので、こちらも場所の覚書を兼ねて。

Vergayun1


集落はFort Varielaの近く、ICからBravilまでの道のりを街道ではなく岸沿いに進めば
発見できます。または、「New Roads and Bridges Revised」を導入しているなら、
Great Niben Bridgeの西側の終わりが目印です。

Vergayun2
このMODは、作者がこの場所で集落の痕跡を発見し、そのルーツについてフォーラムで
議論した結果に基づき再現した集落だそうです。

集落は一目で「小さく生活している」様がうかがえる控えめな雰囲気。
ひときわ背の高い大樹を中心に民家が配されたこじんまりとした集落です。

Vergayun3


住人も昼間は桟橋で河を眺めていたり、住人同士で会話していたり、
漁村らしく貝や魚を捕ったりと、のんびり暮らしています。

Vergayun4


集落や住人について知りたい場合は、Hagrad Hammerhandに話かけてください。
彼はこの集落に最初に居を構えた住人で、この集落のルーツや住人についての情報を
持っており、彼と会話することで集落についてのアウトラインを一通り知ることができます。

Hagrad Hammerhand


そして、個人的に見どころなのはこちらの宿屋「The Scaly Clam」。

The Scaly Clam1


看板のモチーフが貝殻になっていて可愛いです。

The Scaly Clam2


この宿で出されているメニュー3品には、なんと専用のグラフィックが用意されています!

Dish


メニューはNiben River産の貝、蟹、魚を材料としているので、まさにCyrodiilで唯一の
地産地消のグルメが味わえる宿というわけです。
(Fish Surpriseのそのまんまっぷりには驚きましたが…。)

The Scaly Clam3


夕暮れ時には夕日に美しく映えるICを望む風景も魅力のひとつ。
休日をのんびりと過ごすイメージで訪れてみてはいかがでしょう。

Sunset


■Vergayunについて

Vergayunのダウンロード
Oblivion 日本語化 Wiki 避難所の派生版Modに日本語化パッチがあります。
関連記事
Category: Oblivion MOD紹介
Published on: Sun,  29 2011 17:43
  • Comment: closed
  • Trackback: closed