Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

お店MOD開店準備中

服をほったらかして、趣味のお店の開店準備を進めてます。

Shop1

1Fのキッチンは大体できたのですが、小物と商品がぜんぜん足りない。

Shop2

まあ、まだ看板すら描けてないのですが。笑

Shop3


本当は服のモデリングとCSの練習をかねて、textureの分割や、細かい作り込みなど
いろいろと実験しながら小物を作り続けています。
拘りだすと小物1個に1日かかったりするので、妥協するラインも探したいところ。

それから、Twitterでいろいろ教えてもらったので、忘れないようにまとめておきます。
みなさん親切で物知りで本当に頭がさがります。ありがとうございますm(_ _)m


【バリエーションのTexture間でNomalMap、GlowMapを共有する】
Izumikoさんが教えてくれました(*'-')ノ

tex.dds、tex_n.dds、tex_g.ddsという組み合わせのTexture群があるとして、
tex.ddsに対して色違いのバリエーションを作成したい場合に、
tex_a.dds、tex_b.dds、tex_c.ddsというように“_(アンダーバー)”で区切って名付けます。
こうしておけば、tex.ddsに関連するファイルとして認識されるため、これらのファイル間で
tex_n.ddsとtex_g.ddsを共有することができます。

実際に応用してみるとこんな感じ。

Naming1

ただし、同じファイル名に“_”が2つ以上存在するとファイル自体が認識されなくなるため、
NomalMap、GlowMapのネーミングには使用できません。

また、GlowMapを反映するにはTextureの発光色を調整する必要があります。
Export前にBlenderでMaterial Buttons>ShadersのEmitを右に振り切っておくか、
NifskopeならNiMaterialProperty>Emissive Colorを#ffffffに設定します。


【コリジョンの作成方法】
kikiさんが教えてくれました(*'-')ノ

まずは、tonaさんのチュートリアル第二版の「13.付録:イナーシャ、コリジョンについて」を
参考に、なるべくシンプルな形でコリジョンを作成。

次に、Blenderの作業で、コリジョンを付けたいオブジェクト(親)、コリジョン(子)となるように
親子関係を設定します。

コリジョンを作成した後、Window typeを「Outliner」に切り替えて、下図のように
オブジェクト(ここではTools)と同列にconvexpolyが追加されていることを確認します。

Blender1

この状態になっていることを確認したら、コリジョンを選択して、
Object and Links>Par:に親オブジェクトの名前を指定します(ここではTools)。

Blender3

すると、convexpolyがToolsの下に移動しました。これで親子関係を持ったことになります。

Blender2

この状態でExport。
Exportの際、Collision Optionsを目的に合うように設定します。

Blender7

以上でBlenderの作業は完了です。


続いて、NifskopeでNifデータがVnillaと同じ構造になるように整理していきます。
イメージとしては一番えらい「0 NiNode」以下にすべてのBlockが格納されるようにします。

まず、0以外のNiNode(ここでは2のみ)をRemove。

Blender4

次に0 NiNode>Collision ObjectおよびChildrenのValieで、0 NiNode以下の
bhkCollisionObjectとNiTriPtrips(またはNiTriShape)の番号を指定します。

Blender5

bhkCollisionObject>TargetのValueで、親となる「NiNode」の番号を指定します
(Vanillaと同じなら0)。

Blender6

オブジェクトが複数ある場合は、0 NiNode以下に入れ子になったすべてのNiNodeに対して
上記を繰り返して整理していきます。データがキレイになって気持ちいいですよ(*'-')b
Block Listの整理は以上です。


最後に、イナーシャを設定します。
bhkCollisionObject>bhkRigidBody>Inertiaの中で、m11、m22、m33の3カ所のみ
Valueを設定
します。
また、必要に応じて「Mass」、「Max Liner Velocity」も設定します。
これらの値は特に意図がなければ、Vanillaのアイテムを参考に数値を決めましょう。

以上でSaveし、ゲーム内で確認して完了です!
関連記事
Category: Oblivion関連
Published on: Wed,  30 2011 19:34
  • Comment: closed
  • Trackback: closed