Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

装備MOD途中経過

140315b.jpg

全体的にMeshができてきました(靴以外)。

イメージしたものをとりあえず描いてみる

モデリングしてみる

なんか違う…

しばらく放置

結局モデリングしなおす

という2度手間作業なので、とても時間がかかっています。
4月中に終われば早い方かも…。


さて、今回はオブジェクトの変形についてメモしておきます。
【ベジェ曲線を利用したオブジェクトの変形手順】

新規に追加したオブジェクトを他のオブジェクトに沿わせる方法はこちらなどがありますが、
オブジェクトを作り込んでしまった後だと orz な可能性があるので、
その場合はこちらが使えると思います。

1)変形元の形となるベジェ曲線を用意
 ベジェ曲線の新規追加 Add→Curve→BezierCurve

2)目的に合わせたカーブに調整
 1)で追加したBezierCurveのEditmodeに入り、ハンドルをつかんで角度を調整します。
 (勘所は他のベジェ曲線を扱うソフト(Illustratorなど)と同様です。)
 ver2.49では(おそらく)Z軸での変形ができないため、XY軸での編集になるのでご注意を。
 完成したら、後の工程で必要になるため、ベジェ曲線にオブジェクト名をつけておきます
 (Curve01など)。

3)変形したいオブジェクトのモディファイア設定
 変形したいオブジェクトのEditmodeに入り、「Modifiers」パネルで次の設定を行います。
  a.Curveモディファイアの選択
  b.変形軸の選択(選択できるのは6種:X、Y、Z、-X、-Y、-Z)
  c.2)でベジェ曲線につけたオブジェクト名を指定(テキストボックスに入力)

4)オブジェクトの変形
 3)のcで「Modifiers」パネルにオブジェクト名を入力した瞬間に変形が始まります。
 この編集を抜けるまでの間は移動(G)・拡大縮小(S)・回転(R)などの操作は
 変形のための操作に切り替わっているため、両方のオブジェクトはあらかじめ
 作業しやすい位置に移動しておきましょう。
 あくまでベジェ曲線に忠実に変形されるため、ベジェ曲線のカーブが確定したら、
 Wキーを押して細分化しておくとなめらかに変形できます。

5)納得いく形になったらAppryを押して確定
 確定後は通常のオブジェクトと同じように扱えますので、目的の位置に配置して完了です。


ex)「ver2.49においてベジェ曲線はZ軸で変形できない」と仮定して
 本当はできるかもしれないけれど、やり方がわからなかったというだけですが…。

 X軸とY軸で変形ができるので、変形したいオブジェクトそのものを回転してベジェ曲線に
 あてがうイメージで配置してから変形すると複雑なカーブも対応できます。


■参考
とあるとな氏のめもらんだむ
Blender Wiki
関連記事
Category: Oblivion関連
Published on: Sat,  15 2014 20:16
  • Comment: closed
  • Trackback: closed