Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

ごあいさつ

IMG.png
「こんにちは!私はエルザよ。よろしくね!」
「私はセヴェリーニだ。よろしく頼む」
「私たちは血は繋がってないけど、きょうだいなの。彼が兄さんで、私が妹なのよ」
「そうだね。歳の差は800年といったところか」
「そういうふうに言うと、“お爺ちゃんと孫”って感じよね…」
「…せめて父と娘にしよう」



そういえば、きちんとした自己紹介をしたことがなかったと思いまして。

TES界隈で私がどう認知されているのか気になるところですが、恐らく「セヴェリーニの作者」か「Twitterでパンツの柄を募集してた人」といったところだと思います。合ってますw
そんな中の人について語ってみます。興味があればどうぞ。


このブログについて

ここはElzaが管理する「The Elder Scrolls IV Oblivion」および「The Elder Scrolls V Skyrim」に関する、MOD制作の進捗や私の環境向けのTipsをまとめているブログです。
マイキャラを使った創作のお話などはTumblrにまとめています。
最古の記事が2010年9月なので、けっこう長くやってはいますが、これまではメモ帳感覚だったのでメモしたい時にしか更新しておらず、未だに記事数は50件を超えていませんw
進捗報告用に作ったTwitterの活動を縮小することにしたため、開設当初と同じようにこちらで進捗を書いていくことにしました。


Author:Elza

Tumblrにも少し書いていますが、中の人はデザイン系の仕事をしている人です。
DTPやWebのデザイン、イラストやグラフィック作成などの仕事が主なので、センスはともかく2Dの制作に適正があるようです。
3Dモデリングは学生時代に3dMaxを齧った程度なので、本格的なモデリングはオブリビオンのMODを作り始めてから始めました。でもテクスチャを描いているほうが好きですねw

ハンドルネームは私のマイキャラのエルザから取っています。
ブログをはじめとするTES関係で使っているサービスのユーザ名はほぼElzalivion、作るMODは頭に「El」とつけるなど彼女にちなんでいます。
Nexusのユーザ名は「aulie」なのですが、実はこれもTESで遊ぶために設定をリニューアルする前の彼女の名前で、以前MMOをやっていた頃は例外なくこの名前でした。そんなこんなで、かれこれ10数年は彼女と一緒にいるんですよね。不思議なものです。


趣味嗜好など

TESのプレイヤーだからファンタジーが好きかと思いきや別にそんな事はなく、一番好きなゲームタイトルは「バイオハザード」シリーズです。私のマイキャラについて、赤い服で金髪ポニテで名前がエルザ…ときてピンときたら、なかなか過去作品に詳しい方ですね。
かといってゾンビが好きかといえば全くそんなことはなく、ポストアポカリプス系作品特有の「ゆっくり終わっていく世界」に魅力を感じるというか。大抵こういう系統のアドベンチャーゲームは恐怖演出の一環で細部まで作り込んであるため質が高いものが多く、直近の有名なところなら「The Last of Us」も好きですね。
じゃあTESと同じベセスダ製の「Fallout」はどうかと言われると、Havok神との戦いはTESで満足なので今のところ自分でプレイする気はないですw なので、ニコ生の公式ゲーム実況チャンネルでストーリーを追っています。

ファンタジーはゲームよりも映画の方が好きです。「ネバーエンディング・ストーリー」「ハリー・ポッター」「ナルニア国物語」あたりは鉄板。先日踏破した「ロード・オブ・ザ・リング」と「ホビット」は短期間で2周しました。ファンタジーといっても、魔法で何でもどうにかできる世界よりも、架空の組織によって管理されているなど、文明とのバランスがとれた、ある程度の真実味がある設定が好きです。それがTESだったわけですね。


TESを始めたきっかけ

こちらの動画を観てしまったことです。


この方の「マイペースなトワイライトプリンセス(ゼルダの伝説)」からの視聴者だったのですが、動画を数本観たところでふと思ったのです。「このゲームでならエルザを作れるんじゃない…?」と。

エルザは「Ragnarok Online」でのアバターがルーツになっています。その後「Lineage2」「大航海時代Online」と遊んで、MMOを卒業してからは私の創作作品の中だけの存在でした。また動く姿が見られればなあと思っていたので、まさしく運命的な出会いでしたね。これが底なし沼の始まりでしたw


マイキャラ構築のはじまり

オブリビオンを始めてそこそこ望みに近いキャラクターにするために、まず肌テクスチャに課題を感じました。リアル系なのはいいけどエルザのイメージに合いませんからね…。それを自分で編集して、髪型をモデリングして、今プロフィール画像に載せている感じに落ち着きました。

その後スカイリムが発売し、2ヵ月ほどかけてDLC無しの世界をほぼ遊びつくしてオブリビオンに戻り、仕事の関係で2年ほど休止するのですが、復帰後にオブリビオン用に作っている服をスカイリムでも使えるようにしようと、スカイリムでキャラメイク関係のMODを導入してエルザを作ってみたところ、うっかり可愛くできちゃいまして。

このスカイリムのエルザの隣に、エルザと同じくMMO時代から使っているセヴェリーニも並べたくなって、彼のフォロワーMODを作りました。これがね、自分で言うのもなんですが、あまり納得いかない。
「なんでスカイリムの男性は二重じゃないんだろうね」と肌テクスチャの悩みから始まり、「オブリビオンではおしゃれな下着を穿いてたのにスカイリムではフンドシですか…」と下着MODを作り、「ていうか髪型がイメージと全然違うよね…」と専用の髪型を作り、「この人学者気質だったはずだよね…」と眼鏡を作り。
安心して見られるようになったのは、本当にここ最近のことです。当面は彼を納得いくかたちで完成させて、完全版としてNexusに公開するのが目標です。


とはいえ活動期間は無制限ではないようです

中の人の話に戻りますが、人生の伴侶となる人と籍を入れる予定があります。
家柄の事情があって今は話が進んでいないので、「来月、式を挙げます!」とかそんな急な話ではありませんが、 一応挨拶は済ませていて、土日は相手の家の仕事を手伝っているので週末婚状態です。平日は普通に仕事をしているので、実は結構忙しい身でして。
籍を入れることになったら、PCゲームは卒業するつもりでいます。たぶん遊べはしてもMODを作る時間が無いのと、理解が得られそうないので。別に無理を通して続けたいとは思っていませんしね。
とはいえ未完で終わらせると後悔するのは私自身なので、なんとか籍を入れる前に今抱えているMODの制作を完結させたいと、平日の夜は一所懸命制作していますw


マイキャラについて

最後に私のマイキャラ、エルザとセヴェリーニについて思っていることを。
彼女と彼は、元々遊んでいたMMOのアバターにちゃんと設定をつけてみようとしたのが始まりで、当時一緒に遊んだ仲間もキャラクターに設定をつける遊びが好きな人たちだったので、盛り上がってどんどん設定ができていきました。TES界隈で言うRPをずっと前からやっていた感じです。
そうやって2人を少しづつ煮詰めていた時期は、ちょうど学生時代で就職活動や人間関係で辛かったときとも重なっていて、ストレスを解消するために笑顔のエルザの絵ばかり描いていたという。そんな病める時期が、この私にもありましたw
私の2人がいつも笑っていたり、いい笑顔ができるように頂点編集に拘ったのは、たぶんこのあたりがルーツです。
2人が他の人にとってどう写っているのか、私は意図して知ろうとはしていませんが、せっかくの創作活動ですから、私と同じように癒されたり元気がでてきたり、自分以外の誰かにとっても意味のあるものになれば、作者冥利に尽きますね。


それでは、こんなところで!
関連記事
Category: 雑談・制作進捗
Published on: Fri,  26 2016 00:36
  • Comment: closed
  • Trackback: closed