Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

Nexus Mod Manager ver0.6系インストール項目&操作解説

制作関連ではありませんが、この記事は再構築を機会にver0.5系の旧Nexus Mod Manager(以下NMM)から、現状最新版のver0.61.23に乗り換えるにあたって、気になっていた部分の検証をしつつ、他のブログさまの記事ではあまり説明されていない項目について補足していこうという記事です。

「インストールのときに何か聞かれてたけど何なの?」「仮想化したらしいけど実際どうなの?」という疑問を解消する一助になれば幸いです。

ということで、早速。
NMMのダウンロード場所、初期設定と簡単な使用方法については他のブログさまでも扱いが多いので、そちらにお任せします。こちらの記事が最新版仕様でとても判りやすいと思いました。

Skyrim 初心者向け Nexus Mod Managerを使ってMODを導入する方法など! | ぜとらぼ
Nexusのアカウント登録からNMMのダウンロード先とver0.61系導入ガイド。





まず、インストール時に選択する項目について、補足説明していきます。


01.インストール時に選択できる項目についての補足説明

Select Additional Tasksについて


この画面では、インストール時にショートカットの追加とファイルの関連付けについて選択できます。

nmm1605131.png

Additional shortcuts: デスクトップにショートカットを追加するかを選択できます。
  • Create a desktop shortcut: デスクトップにショートカットを追加する
  • Create a Quick Launch shortcut: クイック起動ツールバー(タスクバーの中)にショートカットを追加する

Other tasks: その他のタスクを追加。何のこと?ですが、NMMに関連付けるファイル形式を選択します。
  • Associate *.NXM files with Nexus Mod Manager: .NXMはNMMで扱うファイル形式です
  • Associate *.NXM: URLs with Nexus Mod Manager: 同上です。このふたつはチェックしておきましょう
  • Associate *.FOMOD files with Nexus Mod Manager: スカイリムでもお馴染みですがフォールアウト用のファイル形式です
  • Associate *.OMOD files with Nexus Mod Manager: 前作オブリビオン用のファイル形式です


下ふたつのFOMODとOMODについですが、フォールアウトやオブリビオンでのMODは、これらの拡張子がついたファイルで配布されていることが多く、内容としてはテクスチャやメッシュ、スクリプトや実行ファイル、サムネイルや作者情報のメタなどがまとめられたパッケージになっています。

ここまでは.7zのアーカイブファイルと似ていますが、大きな違いはFOMODならFallout Mod Manager(FOMM)、OMODならOblivion Mod Manager(OBMM)という専用のMODマネージャに既にファイルの関連付けがされているので、例えばOMODファイルをダブルクリックするだけでMODマネージャが立ちあがりインストールが始められるなど、非常に便利な作りになっています。

これを考慮すればNMMに関連付けるべきかは自ずと答えが出るものですが、FOMMやOBMMは如何せん古いツールなので、これらのMODをどのMODマネージャで扱いたいかで決めるのが適切かと思います。
私の場合は、オブリビオンについては既にOBMMで管理しているので、このチェックを外しました。慣れ親しんだツールのほうが便利なのです。



Skyrim Setupについて


この画面では、ダウンロードしたMODをどこのフォルダに格納するかを選択できます。

nmm1605133.png

  • Mod Directory: Skyrim Nexus等のNexusのwebサイトからダウンロードしたMOD、あるいはNMMを通じて取り込んだMODを格納するフォルダを指定します
  • Install Info: インストールしたMODのアーカイブと、アーカイブ内の各種ファイルをどこに展開したかがこのフォルダ以下の.XMLファイルに記録されています。上記と同列でよいかと
  • Virtual Install: 後述のProfile機能で使用するフォルダです。英文の説明どおり「Mod Directory」と同じドライブにしておきます。上記ふたつと合わせておくのが無難でしょう

ここで指定するフォルダについてですが、どの階層に配置するかは非常に重要です。
なぜなら、NMMで扱えるファイルパスには文字数制限があり、あまり深い階層にフォルダを配置してしまうとエラーが起きて読み込みできなくなる(=アンインストールもできない)可能性があるためです。
これは主にMod Organizer(MO)関連の導入記事に書かれていることが多い問題ですが、NMMでも同様のようです。

なので、ここで設定するフォルダはデフォルトの階層か、更に短くするなら画像のように「Nexus Mod Manager」を「NMM」に省略するなど、気を使ってみてください。



Category setupについて


インストールの最後に、ダウンロードしたMODをカテゴリで分類するか、を設定できます。

nmm1605134.png

この設定、「MODがどこに入ったかが見つけづらくなるため、慣れないうちはNOを選ぶほうがいい」と書かれていることが多いのですが、個人的には逆かな、と思って少し説明します。


画像の英文にも書かれているとおり、NMMのカテゴリはNexusでMODが登録されているカテゴリとリンクしています。つまり、Skyrim Nexusのwebサイト上で「Hair and face models」にあるMODをダウンロードすれば、NMM上でも「Hair and face models」に分類されます。

カテゴリ分類をしない場合、名前が似通っているのに全く変更箇所が違うMODがあった場合に、手をつけなくてよいほうのMODを無効にしてしまうなど、誤った操作をしてしまう可能性も考えられます。
カテゴリで分類しておいたほうがNMM上で確認したいときに探しやすく、間違えも起こりにくいと思いませんか?

nmm16051322.png
例)Enhanced Character Edit 上段:Skyrim Nexus/下段:NMM


ちなみに、「Switches the Mod Manager views」ボタンを押すとカテゴリ表示とシンプルなリスト表示とをいつでも切り替えられるので、何はなくとも冒頭のカテゴリ分類の質問にYESと答えておいて、見づらいならリスト表示に切り替える、といった使い方をオススメします。

nmm16051323.png
左:カテゴリ表示/右:リスト表示 赤枠の「Switches the Mod Manager views」を押すと切り替わります




続いてインストール後、実際に使える機能について補足説明していきます。


02.インストール後の機能の補足説明

ReadMe Managerについて


インストール後、最初にMODを読み込んだときにReadMe Managerを使用するか設定できます。
「YES」を選べばこの説明のとおり、右クリックメニューに「Open readme」が追加されます。

nmm1605135.png


「ReadMe」とうたってはいますが、これはMODのファイルの中に含まれているテキストファイルを閲覧できるようにする機能で、リストのMOD名の上で右クリックメニューを展開していくと拡張子が.TXTのファイルが一覧表示され、テキストエディタで内容を確認することができます。

nmm1605139.png


ReadMeにはMODの使い方やファイル内容の解説が書かれていることが多いですが、特にMOD制作者にとって重要な作者の連絡先やクレジットが書かれていることもあるので、右クリックメニューで「Open readme」が表示されるなら、是非とも読んでみましょう。



Profile機能について


0.6系で追加された、いろんな意味で話題の機能です。
Profile(プロファイル)機能とは、インストールするMODの選択やロードオーダー順などを個別に記録しておくことで、目的に応じて簡単に切り替えができる機能です。以前のMODマネージャ界隈ではMod Organizer(MO)の専売特許でした。

NMMにおいてはver0.6系から実装された機能ですが、新たに最新版をインストールする場合には心配いらないものの、旧バージョンからver0.6系へアップデートする場合には、新機能の下地として全てのMODを読み込み直す仕様上、実質MODの再構築となるため、注意が必要です。

こちらの記事で詳しく解説されていますので、ご覧ください。

Nexsu Mod Manager 0.60以降へのアップデートの注意喚起 skyrimshot


では、実際にProfile機能を使ってみます。

NMM上部のツールバーの中、「Launch Skyrim」の右側に「New Profile」というボタンが追加されており、ここからProfileの登録や切り替えを行います。
nmm16051324.png


初期にはProfileは登録されていないので、「New Profile」を選んで作成します。
nmm16051313.png


表示される画面でProfileの名前を決めます。この名前は後から変更できます。
nmm16051314.png


OKを押すと、今現在インストールしているMODとプラグインのロード順で「Profile 1」というプロファイルが作成されました。Profileを作成したことで「New Profile」ボタンが先ほど名前をつけた「Profile 1」という表示に代わっています。今有効にしているProfileの名前がここに表示されるということです。
また、有効にしたProfileで行った変更(MODの選択状況やロード順の入れ替えなど)は基本的には随時記録されています。…が、記録されないこともあったので、消えてほしくない場合はおまじないだと思って「Save Current Profile」を押しましょう。
nmm16051315.png


切り替え用に、もうひとつProfileを用意します。もう一度「New Profile」を押して、今度は「Profile 2」という名前をつけてOKを押します。
nmm16051316.png


2つ目のProfile「Profile 2」が追加されました。Profileが複数ある場合、今現在有効にしているProfile名以外(ここでは「Profile 1」)は黒字で表示されています。Profile名の横の()は、Profileに登録されているMODの数です。
nmm16051318.png


また、有効にしていないProfileはマウスオーバーでメニューが展開し、ここから名前の変更や削除、今現在有効にしているプロファイルへのロード順の移植が行えます。
nmm16051319.png


Profileを作成する際、違いが判りやすいように登録するMODの数を変えてみました。「Profile 1」が5件、「Profile 2」が8件です。
Profileを切り替えると、NMM上ではこのように切り替わっているのがわかります。
Profileを切り替えるときにMODをインストールする場合はすぐに終わりますが、逆にMODをアンインストールする場合は少し読み込みに時間がかかります。
nmm16051317.png


さて、ここでDataフォルダ上はどうなっているかを見に行ってみます。
「Profile 2」に追加登録したMODの中で一番浅い階層にファイルが配置されているのが「KS Hairdos - Renewal」なので、試しにこれを確認してみます。きちんとフォルダが存在していますね。
nmm16051320.png


「Profile 1」には「KS Hairdos - Renewal」を登録していません。「Profile 2」から「Profile 1」に切り替えて先ほどと同じフォルダを見てみると、消えています。正常に切り替わっているようですね。
nmm16051321.png


MODを作成する場合のファイルの配置について

0.6系のNMMでは、読み込んだMODのファイルを一度「Virtual Install」フォルダに展開してから、Profileに応じてスカイリムのDataフォルダに配置しています。

このため、常にDataフォルダ以下のファイルが優先されるので、「Virtual Install」フォルダのファイルをいくら変更しても、ゲームには反映されません。そう、Profileを切り替えるまでは。

Profileを切り替える度に、切り替え先のProfileに登録されていないMODのファイルはDataフォルダから消され、逆に追加で登録されているMODのファイルは「Virtual Install」フォルダからDataフォルダに配置されます。
つまりオリジナルのデータは「Virtual Install」フォルダ以下にあるファイルになるため、Dataフォルダ以下のファイルを編集してしまうと、切り替えるProfileによってはせっかく編集したファイルが上書きされて元に戻ったり、最悪、先ほどお見せしたとおり綺麗に消えてしまったりします。
名前の違うファイルであれば、Profileの違いによってMODがアンインストールされても差分だけ残っています。

異なるProfileで同じMODが登録されている場合、そのMODに変更はかかりません(※仕様は変わるかもしれません)。
制作中のMODのファイルは基本的に上書きして確認していくものだと思うので、MODがアンインストールされないように常にProfileに登録しておくなど、配慮する必要があります。

なお、身も蓋もありませんがProfile機能を使わないのも正解のひとつです。潔い。



以上、駆け足になりましたが、過不足などあればコメントをいただけると助かります。
関連記事
Category: Skyrim関連
Published on: Sat,  14 2016 04:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 1

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/07 (Sun) 20:42 | REPLY |   

Elza  

>名無しさま

コメントありがとうございます。
私も気になっていた部分を使用者側から解る部分で確認しつつ書いた次第ですので、細かな仕様の根幹までは触れられなかったのですが、お役立ていただいたようで何よりです!

2016/08/08 (Mon) 01:36 | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Steam 版 ダークソウル(DARK SOULS Prepare To Die Edition) の完全日本語化と MOD 導入ガイド
  • 2015年末に 2ch の PC 版ダークソウルのスレで Steam で販売されている Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition (リージョン制限のため、日本からストア閲覧・正規購入ともに不可) の有志による ”非公式” 完全日本語化パッチが公開・配布されておりました。 PC 版発売(2012年)から月日が経ち、さらにプレイ環境をよくする Mod...
  • 2016.09.10 (Sat) 11:49 | awgs Foundry